「そろそろ症状固定を」と
言われたら?

  • HOME >
  • 「そろそろ症状固定を」と
    言われたら?

症状固定日、いったい誰が決めるの?

ポイントはひとつ。「判断できるのは主治医だけ」

『加害者側の保険会社から「そろそろ症状固定では?」と言われたのですが…』
このようなご相談をよくいただきます。
この場合まず意識していただきたいのは、「症状固定時期を判断できるのは主治医だけである」ということです。つまり、これ以上治療を続けても治らない状態にある(=症状固定)と判断できるのは、まさに治療を続けてきた医師だけなのです。

「むちうちの治療期間は半年らしいと友人に言われた」

「保険会社がもう症状固定ではないですか?と言ってきた」

ポイントはひとつ。「判断できるのは主治医だけ」

ポイントはひとつ。「判断できるのは主治医だけ」

など、いろいろな情報が飛び交うかもしれません。
しかし当弁護士事務所にご相談いただく被害者には、同じむちうち症(頸椎捻挫)でも、半年で通院が終わる方もいれば、10か月~1年ほど通院が長引く方も多くおられます。
基本的には主治医の先生と話をし、症状固定時期を決定してください。間違っても「加害者側の保険会社から催促された」という理由だけで、わからないまま症状固定するようなことは避けなければなりません。

症状固定後、後遺障害診断書作成で気を付けることとは。

症状固定をして後遺障害が残ってしまった場合、後遺障害の等級申請を行うことができます。
その際もっとも根本的な書類となるのが「後遺障害診断書」であり、各種検査や画像撮影が実施される場合があります。このとき、「等級を認定するために必要な」診断書の記載や検査・画像資料があるのですが、医師の側がそれを把握していない場合があります。
そこで、「いずれの後遺障害に該当しうるのか」を想定したうえで、

後遺障害診断書の記載内容は、不備のないものか

必要な検査が実施され、画像撮影は不備なく揃っているか

などをチェックする必要があります。適正な後遺障害獲得という視点からの確認が必要です。

症状固定・後遺障害診断書作成で不安のある方、みまや法律事務所の弁護士にご相談ください。

上記の内容をご覧になられても、『実際、自分の場合はどうなんだろう?』と思われることも多いでしょう。当弁護士事務所では、症状固定の際に必要な検査や画像撮影のほか、後遺障害診断書の記載内容についてもアドバイスをさせていただいています。症状固定前にご相談いただくと、ご納得のゆく解決への流れに沿って、スムーズに進めることも可能です。

「そろそろ症状固定」の話が出たら。
保険会社側の言うままに手続きしてしまうのではなく、一度、当弁護士事務所にご相談されることをおすすめします。

※事案によっては、先に診断書をご用意いただいてから相談させていただくケースがあります。

ご相談の流れ

初めての交通事故、突然の事故でも心配無用。当事務所は親切・丁寧・迅速に対応させていただいております。

  • STEP 1

    メール・電話でのお問合せ

    電話・メールでのお問い合わせは無料です。当弁護士事務所のスタッフが交通事故の内容をお伺いさせていただきます。

  • STEP 2

    弁護士と対面相談

    相談のご予約をいただいたのち、弁護士とご相談いただきます。交通事故の専門弁護士が丁寧に対応させていただきます。

  • STEP 3

    受任

    適正な慰謝料・賠償金、後遺障害等級が得られるよう、専門弁護士が最後まで全力でサポートします。

【場合によっては】後遺障害申請や等級結果でお困りの場合、ご相談時に【MRI・CT】などの画像資料を確認させていただく場合があります。

示談金の増額・適正な後遺障害等級の獲得電話相談無料:まずはお気軽にお電話でお問い合わせください0120-258-308

条件指定で解決事例を探す

主要な条件の組み合わせから、当事務所が解決した事例をご覧になれます。

例)30代+会社員+頭部損傷など

特に条件を指定しない場合、チェックは不要です。

被害者の年齢
※複数選択可 ※現在の年齢でも事故当時の年齢でもどちらでも構いません
被害者の職業
※複数選択可
後遺障害等級
※複数選択可
被害を受けた部位
※複数選択可

この画面を閉じる

自分に合った事例を絞り込む

肩(かた)
※複数選択可
腕・肘(ヒジ)
※複数選択可
手・指
※複数選択可

このページを閉じる

自分に合った事例を絞り込む

股(また)
※複数選択可
膝(ヒザ)
※複数選択可
足・指
※複数選択可
その他
※複数選択可

このページを閉じる

等級別で解決事例を見る

【ご相談受付け 対応エリア】

ご相談受付け 対応エリア

交通事故問題に関する弁護士相談の受付けは、大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山です。

死亡や重症、重度後遺障害に関するお問い合わせは日本全国対応します。

自保ジャーナルに掲載されました

なんば交通事故相談

みまや法律事務所
〒556-0011
大阪市浪速区難波中3丁目5-4
難波末沢ビル7階

» 運営弁護士事務所ご案内

お気軽にお電話でお問い合わせください 0120-258-308

※物損事故・加害者の方からのご相談は受け付けておりません。

※上記時間外や土・日・祝は、留守番電話対応とさせていただいております。
メールでの相談受付は24時間受付しています。

よくあるご質問

ページトップへ戻る