交通事故に関するコラム

高次脳機能障害の意識障害について

交通事故による頭部外傷直後の意識障害は、高次脳機能障害の原因とされる「びまん性軸索損傷」の特徴的所見です。
このため、脳神経外科では脳外傷の重症度を予測する要因として、「頭部外傷後の意識障害」が重視されています。

JCSとGCS

一般に用いられる意識障害の検査として、JCS(ジャパン・コーマ・スケール)とGCS(グラスゴー・コーマ・スケール)があります。

JCSでは、刺激しても覚醒しない昏睡状態を100~300までの3桁で、刺激で一時覚醒する半昏睡状態を10~30の2桁、覚醒状態にある軽度の意識障害を1~3までの1桁の段階で評価します。
GCSでは、意識レベルを開眼反応(E)4点満点、言語反応(V)5点満点、運動反応(M)6点満点、合計15点満点で評価します。

この結果、8点以下が重症、9点から12点が中症、13点以下が軽症です。

 

自賠責後遺障害における意識障害の評価

自賠責保険における高次脳機能障害の判断においても、脳外傷の重症度予測として、頭部外傷後の意識障害は重視されており、高次脳機能障害の後遺障害申請に当たっては「頭部外傷後の意識障害についての所見」という診断書の提出を求められます。

頭部外傷後の意識障害についての所見<画像見本>

 

自賠責保険では、高次脳機能障害を疑う基準として、
『受傷直後において、半昏睡から昏睡で開眼・応答しない状態(JCSが3~2桁、GCSが12点以下)が6時間継続』すると高次脳機能障害発生のおそれがあるとされます。
また、『外傷後健忘あるいは軽度意識障害(JCS1桁、GCS13~14点)が少なくとも1週間以上継続』すると、高次脳機能障害発生の可能性が出てくるとされています。

交通事故による頭部外傷直後から、上記要件を満たす意識障害が発生した場合には、高次脳機能障害の発生が強く推認されることになります。

このため、事故後から高次脳機能障害の発生を意識し、脳損傷の有無・程度を確認するための画像検査、記憶障害・判断力低下・遂行機能障害などの全般的な神経認知障害や社会行動障害・情動障害を確認するための神経心理学的検査を行う必要があります。
そして、十分な治療・リハビリの結果、非可逆的な(元に戻らない)症状が残った場合には、高次脳機能障害として、症状や現状に見合った、適切な後遺障害等級を受けなければなりません。

意識障害が上記基準を満たさない場合

頭部外傷後の意識障害の程度が上記の要件を満たす場合、高次脳機能障害の発生が推認されるのは前述の通りです。
ただし、上記の要件を満たさない場合でも、重症~中症の意識障害が短時間、若しくは、軽度の意識障害が相当程度発生した場合には、高次脳機能障害が認められる可能性があります。
頭部外傷後の高次脳機能障害の判断では、総合的な判断が行われますので、意識障害が若干不足していたとしても、脳損傷を裏付ける画像検査結果や症状が明確な場合では、高次脳機能障害が認定されたケースがあります。

 

頭部外傷による高次脳機能障害は、医学知識が豊富な弁護士にご相談を

高次脳機能障害の認定にあたっては、一般的な後遺障害認定に必要な診断書だけでは足りず、前述したように、事故当初の意識障害の程度を、診断書やカルテ内容から立証する必要などがあります。また、頭部画像の読影力も必要となります(頭部外傷の画像については次章 :高次脳機能障害の画像所見について をご参照ください)。
適切な後遺障害認定獲得のためにも、頭部外傷により交通事故直後に意識障害があった方、高次脳機能障害が疑われる方は、経験豊富な当弁護士事務所にご相談ください。

 

文責 みまや法律事務所 弁護士 林 征人

◆ ◆ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
交通事故に強い弁護士を大阪で探すなら
みまや法律事務所 
〒556-0011 
大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4,難波末沢ビル7階 
フリーダイヤル:0120-258-308
営業:月曜~木曜 AM9:00~PM6:00、金曜はPM5:00まで 
定休日:土・日・祝日
メールお問い合わせは24時間受付け
◆ ◆ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ご相談の流れ

初めての交通事故、突然の事故でも心配無用。当事務所は親切・丁寧・迅速に対応させていただいております。

  • STEP 1

    メール・電話でのお問合せ

    電話・メールでのお問い合わせは無料です。当弁護士事務所のスタッフが交通事故の内容をお伺いさせていただきます。

  • STEP 2

    弁護士と対面相談

    相談のご予約をいただいたのち、弁護士とご相談いただきます。交通事故の専門弁護士が丁寧に対応させていただきます。

  • STEP 3

    受任

    適正な慰謝料・賠償金、後遺障害等級が得られるよう、専門弁護士が最後まで全力でサポートします。

【場合によっては】後遺障害申請や等級結果でお困りの場合、ご相談時に【MRI・CT】などの画像資料を確認させていただく場合があります。

交通事故に強い弁護士

みまや法律事務所

示談金の増額・適正な後遺障害等級の獲得電話相談無料:まずはお気軽にお電話でお問い合わせください0120-258-308

条件指定で解決事例を探す

主要な条件の組み合わせから、当事務所が解決した事例をご覧になれます。

例)会社員+5級+頭部外傷など

特に条件を指定しない場合、チェックは不要です。

被害者の職業
※複数選択可
後遺障害等級
※複数選択可
被害を受けた部位
※複数選択可

この画面を閉じる

自分に合った事例を絞り込む

肩(かた)
※複数選択可
腕・肘(ヒジ)
※複数選択可
手・指
※複数選択可

このページを閉じる

自分に合った事例を絞り込む

股(また)
※複数選択可
膝(ヒザ)
※複数選択可
足・指
※複数選択可
その他
※複数選択可

このページを閉じる

等級別で解決事例を見る

【ご相談受付け 対応エリア】

ご相談受付け 対応エリア

交通事故問題に関する弁護士相談の受付けは、大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山です。

死亡や重症、重度後遺障害に関するお問い合わせは日本全国対応します。

自保ジャーナルに掲載されました

なんば交通事故相談

みまや法律事務所
〒556-0011
大阪市浪速区難波中3丁目5-4
難波末沢ビル7階

» 運営弁護士事務所ご案内

お気軽にお電話でお問い合わせください 0120-258-308

※物損事故・加害者の方からのご相談は受け付けておりません。

※上記時間外や土・日・祝は、留守番電話対応とさせていただいております。
メールでの相談受付は24時間受付しています。

よくあるご質問

ページトップへ戻る