交通事故に関するコラム

  • HOME >
  • 交通事故に関するコラム >
  • 逸失利益の基礎収入の算定方法 ~事業開始直後に事故に遭われた方が、全年齢平均賃金を獲得できる場合について~

逸失利益の基礎収入の算定方法 ~事業開始直後に事故に遭われた方が、全年齢平均賃金を獲得できる場合について~

事故前の収入が低くても、将来の収入増加が見込める場合、全年齢平均賃金を使用できる場合がある

事故により後遺障害が残存した場合、後遺障害による逸失利益(事故がなければ本来得られていたはずの収入)の計算にあたっては、事故前の実際の収入を基礎とするのが基本です。

しかし、事故時点での収入が低額であっても、将来の収入増加が見込める場合、事故前の収入を水準とすることが不平等となる場合があります

典型例としては、
①若年労働者(おおよそ30歳未満)の場合や、
②事業を開始した直後のため収入が低水準に留まっている場合、等が挙げられます。

このような場合、被害者に、将来的に全年齢平均賃金程度の収入を得られる蓋然性が認められる場合には、全年齢平均賃金をベースに逸失利益を計算することが認められています。

どのような場合に全年齢平均賃金が認められるのか

事業開始直後に事故に遭った場合、事故当時は収入が低水準に留まっていたとしても、事業が軌道に乗ってくれば収入の増加が見込める場合も多いと考えられます。

全年齢平均賃金が認められるためには、この将来の収入増加の見込みについて、具体的に根拠を示す必要があります。

このためには、適切に資料を収集し、事情を多角的に検討することが不可欠となります。

まず、実際の収入額と、「年齢別」の平均賃金を比べる

将来の収入増加の可能性の一つの目安として、事故前の実収入額と「年齢別」の平均賃金額とにどの程度の差があるかが問題となります。

20140514192758925_0001

ここで、「年齢別」平均賃金程度の収入を得ていたのであれば、将来的にも各年代の平均賃金程度の収入を得られる蓋然性が高いと判断され、全年齢平均賃金が認められやすくなります。

 

 また、年齢別平均賃金よりも実収入が低い場合でも、当然に収入上昇の可能性が否定されるのではなく、事故前の収入が低い理由や将来の展望を具体的に検討し、収入増加の根拠を探ることになります。

以下の①②のような場合が例として挙げられます。

①開業費用が多く掛かっている場合

例えば、開業直後で、開業費用が多くかかっていたために一時的に所得が減少している場合であれば、翌年以降は経費が減少するため、ある程度の収入増加を見込むことができます。

②開業直後で来客が少ない場合

業種によっては、開業直後は知名度がないため来客が見込めず収入が上がらない仕事があります。
その場合は、事業が軌道に乗るに従って収入が増加するであろうという見込みが立ちます。

 事故当時に収入が低かったために、将来にわたる逸失利益について、低い基礎収入しか認められていない例が非常によくあります。

基礎収入として、全年齢平均賃金が認められれば、逸失利益は大きく上昇します。

開業直後に事故に遭われ事業に損害を被った方、保険会社から提示された示談案の額に疑問を感じておられる方は、一度当事務所にご相談下さい。


当事務所の解決事例 Sさんの事例
自営業を始めたばかりの男性の基礎収入を全年齢平均賃金に!当初の示談案より1000万円以上アップ!


弁護士 林 征 人

◆ ◆ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
交通事故に詳しい弁護士を大阪で探すなら
みまや法律事務所 
〒556-0011 
大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4,難波末沢ビル7階 
フリーダイヤル:0120-258-308
営業:月曜~木曜 AM9:00~PM6:00、金曜はPM5:00まで 
定休日:土・日・祝日
メールお問い合わせは24時間受付け
◆ ◆ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ご相談の流れ

初めての交通事故、突然の事故でも心配無用。当事務所は親切・丁寧・迅速に対応させていただいております。

  • STEP 1

    メール・電話でのお問合せ

    電話・メールでのお問い合わせは無料です。当弁護士事務所のスタッフが交通事故の内容をお伺いさせていただきます。

  • STEP 2

    弁護士と対面相談

    相談のご予約をいただいたのち、弁護士とご相談いただきます。交通事故の専門弁護士が丁寧に対応させていただきます。

  • STEP 3

    受任

    適正な慰謝料・賠償金、後遺障害等級が得られるよう、専門弁護士が最後まで全力でサポートします。

【場合によっては】後遺障害申請や等級結果でお困りの場合、ご相談時に【MRI・CT】などの画像資料を確認させていただく場合があります。

示談金の増額・適正な後遺障害等級の獲得電話相談無料:まずはお気軽にお電話でお問い合わせください0120-258-308

条件指定で解決事例を探す

主要な条件の組み合わせから、当事務所が解決した事例をご覧になれます。

例)30代+会社員+頭部損傷など

特に条件を指定しない場合、チェックは不要です。

被害者の年齢
※複数選択可 ※現在の年齢でも事故当時の年齢でもどちらでも構いません
被害者の職業
※複数選択可
後遺障害等級
※複数選択可
被害を受けた部位
※複数選択可

この画面を閉じる

自分に合った事例を絞り込む

肩(かた)
※複数選択可
腕・肘(ヒジ)
※複数選択可
手・指
※複数選択可

このページを閉じる

自分に合った事例を絞り込む

股(また)
※複数選択可
膝(ヒザ)
※複数選択可
足・指
※複数選択可
その他
※複数選択可

このページを閉じる

等級別で解決事例を見る

【ご相談受付け 対応エリア】

ご相談受付け 対応エリア

交通事故問題に関する弁護士相談の受付けは、大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山です。

死亡や重症、重度後遺障害に関するお問い合わせは日本全国対応します。

自保ジャーナルに掲載されました

なんば交通事故相談

みまや法律事務所
〒556-0011
大阪市浪速区難波中3丁目5-4
難波末沢ビル7階

» 運営弁護士事務所ご案内

お気軽にお電話でお問い合わせください 0120-258-308

※物損事故・加害者の方からのご相談は受け付けておりません。

※上記時間外や土・日・祝は、留守番電話対応とさせていただいております。
メールでの相談受付は24時間受付しています。

よくあるご質問

ページトップへ戻る