交通事故解決事例

事故後高度の認知症が発症。交通事故との因果関係が認定された事例。

【後遺障害1級】常時介護を要するものとして別表第1第1級が認定

Fさんの場合
大阪府 60代 / 女性 / 主婦兼パート
傷病名
頭部打撲(事故後認知症)、脛骨骨折(偽関節)
等級
1級
相談前金額
相談後金額 4,000万円

増額した賠償金
4,000万円

交通事故による入院中に、せん妄の症状が出現。認知症に

大阪在住のFさんは、単車で一時停止標識のある道路から交差点に進入したところ、優先道路を走行中の自動車に衝突される交通事故に遭われました。
この交通事故によりFさんは、全身擦過(さっか)傷、脛骨(けいこつ)骨幹部骨折などの傷害を負い入院となりました。Fさんは交通事故以前には認知症の症状はなく、主婦業とパートをこなしていましたが、交通事故の1日後から「せん妄」を発症し、その後高度の認知症となりました。 Fさんは事故後、車椅子でしか移動できない状態となり、身の回りの動作すべてに介護が必要な状態となりました。

相手方の保険会社は、自動車側が優先道路を走行していたことから、Fさん側に過失割合が大きく、“自賠責保険の限度額でしか支払えない”と回答。また自賠責保険についても“枠が減算されるであろう”との主張でした。
重篤な認知症の後遺症が残っているにも関わらず、十分な補償を受けられず、Fさんのご家族は今後を不安に思われ、当弁護士事務所にご相談されました。

 

交通事故と認知症との因果関係が認定され、別表第1第1級の後遺障害が認定!

Fさんの傷病名は交通事故後の認知症(高次脳機能障害の疑い)というものでした。しかしFさんには脳損傷などの傷病名がなく、また事故当初の意識障害もありませんでした。
交通事故の高次脳機能障害が認められるためには、
①頭部外傷を負っていること
②意識障害が一定期間継続していること
などの条件が必要です。
しかしFさんはいずれの条件にも当てはまっておらず、このままでは後遺障害等級獲得が困難に思われました。

そこで当弁護士事務所はFさんのカルテ、刑事記録などの証拠を取付けし、内容を細かく精査しました。すると、事故当初のカルテとCT画像で、Fさんの前頭部に頭皮打撲創があることが確認できました。また刑事記録上、Fさんが衝突地点から20m飛ばされていることからしても、頭部外傷を負った可能性が極めて高いといえました。

当弁護士事務所はこれらの証拠をもとに、
①Fさんには頭皮打撲創があり、頭部外傷の存在があったこと
②事故後すぐ、せん妄の症状が起き、その後一貫して認知症が続いていること
③交通事故以前に認知症の病歴がなく、パート業務をこなしていたこと
などを、証拠書類を揃えて後遺障害申請(被害者請求)しました。 その結果、自賠責保険はFさんの症状につき、交通事故との因果関係を認め、別表第1第1級の認定となりました。

 

脛骨偽関節(ぎかんせつ)8級の後遺障害も認定

さらに当弁護士事務所がFさんの脛骨につきレントゲン画像を確認したところ、脛骨は癒合(ゆごう)不全で偽関節の状態でした。しかし、後遺障害診断書にはその点の記載がありませんでした。当弁護士事務所は主治医のドクターに追記を求めた上で後遺障害申請したところ、「偽関節を残すもの」として、8級2号の後遺障害も認定されました。

 

高齢者が骨折などで入院した場合、認知症が進行するケースは良くあること

もちろんこうした事案すべてにおいて、交通事故と症状の因果関係が認められる訳ではありません。しかし交通事故後、通常の経過を超える急激な症状悪化が認められる場合で、客観的所見がそろっている場合には、交通事故との因果関係が認められる可能性があります。

当弁護士事務所は交通事故問題を長年取り扱いし、とくに医学面についてはさまざまな角度からアプローチし、ご依頼人にとって最善の解決が実現できるよう努めてまいりました。
交通事故問題に強い経験豊富な弁護士に任せることで、後遺障害等級や慰謝料・賠償金は大きく変わります。

また、重度な後遺障害が残ったご家族の方に、成年後見申立など、煩雑な手続きが必要になる場合があります。当事務所ではその点も適宜アドバイスさせて頂いております。
重度の後遺障害でお困りの方は、交通事故問題に強い弁護士にぜひご相談ください。

 

文責 みまや法律事務所 弁護士 御厩(みまや)高志

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
交通事故に強い弁護士を大阪で探すなら|みまや法律事務所 
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4 難波末沢ビル7階
フリーダイヤル:0120-258-308
営業:月曜~木曜 AM9:00~PM6:00、金曜はPM5:00まで
定休日:土・日・祝日
メールは24時間受付け → https://www.mimaya-lo.com/contact/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

ご相談の流れ

初めての交通事故、突然の事故でも心配無用。当事務所は親切・丁寧・迅速に対応させていただいております。

  • STEP 1

    メール・電話でのお問合せ

    電話・メールでのお問い合わせは無料です。当弁護士事務所のスタッフが交通事故の内容をお伺いさせていただきます。

  • STEP 2

    弁護士と対面相談

    相談のご予約をいただいたのち、弁護士とご相談いただきます。交通事故の専門弁護士が丁寧に対応させていただきます。

  • STEP 3

    受任

    適正な慰謝料・賠償金、後遺障害等級が得られるよう、専門弁護士が最後まで全力でサポートします。

【場合によっては】後遺障害申請や等級結果でお困りの場合、ご相談時に【MRI・CT】などの画像資料を確認させていただく場合があります。

示談金の増額・適正な後遺障害等級の獲得電話相談無料:まずはお気軽にお電話でお問い合わせください0120-258-308

条件指定で解決事例を探す

主要な条件の組み合わせから、当事務所が解決した事例をご覧になれます。

例)30代+会社員+頭部損傷など

特に条件を指定しない場合、チェックは不要です。

被害者の年齢
※複数選択可 ※現在の年齢でも事故当時の年齢でもどちらでも構いません
被害者の職業
※複数選択可
後遺障害等級
※複数選択可
被害を受けた部位
※複数選択可

この画面を閉じる

自分に合った事例を絞り込む

肩(かた)
※複数選択可
腕・肘(ヒジ)
※複数選択可
手・指
※複数選択可

このページを閉じる

自分に合った事例を絞り込む

股(また)
※複数選択可
膝(ヒザ)
※複数選択可
足・指
※複数選択可
その他
※複数選択可

このページを閉じる

等級別で解決事例を見る

【ご相談受付け 対応エリア】

ご相談受付け 対応エリア

交通事故問題に関する弁護士相談の受付けは、大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山です。

死亡や重症、重度後遺障害に関するお問い合わせは日本全国対応します。

自保ジャーナルに掲載されました

なんば交通事故相談

みまや法律事務所
〒556-0011
大阪市浪速区難波中3丁目5-4
難波末沢ビル7階

» 運営弁護士事務所ご案内

お気軽にお電話でお問い合わせください 0120-258-308

※物損事故・加害者の方からのご相談は受け付けておりません。

※上記時間外や土・日・祝は、留守番電話対応とさせていただいております。
メールでの相談受付は24時間受付しています。

よくあるご質問

ページトップへ戻る